グレースーツに付いたシミの黄変

ウール、絹混紡による背広上下製品です。時間は どの位経っているかわかりませんが、シ ミが残ったまま 黄変したと思います。襟が汗で黄変していますが、ほかの箇所より薄いの で、シミの黄変はシミが残ったままだと 推測しました。実際に復元処理をしましても それ が推測できました。襟のシミの黄変具合を診まして 3~5年以上経ているとおもいます。
元のシミは解りませんが、汁気の少し多い淡い色の食べ物だと推測しました。素材の方は ウールと絹の混紡ですが、黒い部分がウール 白い部分が絹です、黒い部分の染色は  酸化漂白などしますと脱色し、黒が赤ぽくなりますので 過度なことはできません、きぬせ んの復元技術では ウールにも絹にもやさしいので、ご覧のように 風合いをくずさず、復元 することができます。

施行前

施行後

 

しみ抜きやクリーニングのお問い合わせはこちらから

ページトップへ