黒大島にカビ!

      黒大島紬に カビのしみがはえました。カビのしみは全てにおいて原因は 保管状態に有りますが 特定の箇所に カビがはえた時は 汚れ シミに気が付かずに しまってしまった場合と 考えられます、カビは状態によりますが 6カ月から一年位の間に はえはじめます。最初 表面が 白っぽくなり、粉ぽっくなり、色を犯していきます、地色によって、変色過程は まちまちですが この様な黒大島の場合 青が薄くなり 次第に黄色く、やがて茶褐色に変化します、茶系統の大島は 最初 色が薄くなり 次第に褐色に 変化します。度々 お使いになるお着物には カビは生えません。お着物は お使いになられるほど 長持ちします、お召しになる機会を 作って 楽しくお出掛け下さい、カビになったら、直ぐ きぬせんにご相談ください。気がついたら吉日です。         

施行前

黒大島かび  (9) (650x488)

黒大島かび  (8) (650x488)

黒大島かび  (7) (650x488)

黒大島かび  (6) (650x488)

黒大島かび  (5) (650x488)

黒大島かび  (4) (650x488)

黒大島かび  (3) (650x488)

黒大島かび  (2) (650x488)

 

 

施行後

黒大島かび  (20) (650x488)

黒大島かび  (19) (650x488)

黒大島かび  (18) (650x488)

黒大島かび  (17) (650x488)

黒大島かび  (16) (650x488)

黒大島かび  (15) (650x488)

黒大島かび  (14) (650x488)

黒大島かび  (13) (650x488)

黒大島かび  (12) (650x488)

黒大島かび  (11) (650x488)

しみ抜きやクリーニングのお問い合わせはこちらから

ページトップへ