紬の帯が長期保存により カビにより全体が黄変してしまった。

     正絹の紬の青ねずの袋帯に手書きの花柄がお太鼓に有ります。長期保管により裏表側全体に黄褐色のシミができてしまった事例です。どの程度の期間かははっきりいたしませんが、20年以上は 経ったと 思います、お客様のご要望により 表側のみを 施行させて頂きました、この染み抜きは、弊社の 素材を損ねること無く 綺麗に復元加工できる技術のひとつです。帯にカビが事例は他にも 掲げて有りますので 是非 きぬせんホームページ内の事例集をご検索下さい。

施行前

キキョウ (9) (650x488)

キキョウ (10) (650x488)

 キキョウ (11) (650x488)

施行後

キキョウ (1) (650x488)

 

キキョウ (3) (650x488)

キキョウ (4) (650x488)

キキョウ (5) (650x488)

キキョウ (6) (650x488)

キキョウ (7) (650x488)

 キキョウ (8) (650x488)

しみ抜きやクリーニングのお問い合わせはこちらから

ページトップへ