クリーニング工程

クリーニングの処理工程

クリーニング工程

きぬせんのきもの手入れとしみぬき、丸洗いはこれまでに多くのご好評をいただいております。
きもの手入れの技術は、クリーニングの最高技術です。その技術を一般クリーニングにも取り入れ、お客様に最高の満足をお届けします。

お客様 → 受付カウンター(検品)
スーツ上下ポケットの中に忘れ物はありませんか?
飾りボタン、アクセサリーは外してお出しください。
スーツなどは上下一緒に出しましょう。
シミはその箇所・種類をお知らせください。
穴や破れなど気になる部分はお知らせください。
マーキング・検品
大切な品物に番号タックを付けます。付属品をはずす。応急処置をします。
入念な衣類のチェック(穴・破れ・シミ)のチェックをします。
分類
シミに印をつける素材により、洗い方を分けます。前処理:シミや汚れを落ちやすくします。
洗浄・脱液・乾燥
シミ抜き:洗浄で除ききれなかったシミの処理をします。
仕上げ
素材にあわせたプレス加工を行います。
検品
シミ・仕上げ等をチェック。
包装
ポリ袋をはずして保管品物やコースにあわせた包装処理を行います。
お引渡し → お客様
お引取りはお早目に、お預かり証をお忘れなく。
ぜひ、きぬせんのクリーニングの仕上がりをご覧ください。
保管の際は、ポリ袋から出してください。

しみ抜きやクリーニングのお問い合わせはこちらから

ページトップへ